国産ウイスキー第1号として長く親しまれてきた「サントリーウイスキー ホワイト」(1964年改称)。 シャープで軽やかな香り、キレのよいアフターテイストが特徴のウイスキーです。

 

商品紹介

1923年、日本初のウイスキーづくりを開始した鳥井信治郎が、国産ウイスキー第1号として1929(昭和4)年に発売。当初のブランドネームは「サントリーウイスキー」のみでしたが、白いラベルから「白札」と呼ばれるようになり、戦後はウイスキー通に愛され、通称「シロ」で親しまれてきました。このため、1964年より現在の「ホワイト」に改称。

「サントリーウイスキー ホワイト」の原点である「白札」は大阪にある山崎蒸溜所で造られました。 当時、日本においてウイスキーのことはまったく知られていませんでした。そのため、突如造られた山崎蒸溜所で何が行われているのか、 地元の人々には見当もつきません。牛車が列を成して原料の大麦を蒸溜所へ搬入する。蒸溜所へは大麦ばかりが運ばれていく。 そして、建物でひと際目を惹くキルン(麦芽乾燥塔)からは煙ばかりが吐き出される。ウイスキーを商品として出荷するには、長い年月がかかります。 もちろん、人々はそのことも知りません。何年経っても製品が生まれない不思議を、山崎の人々はこう噂し合ったそうです。 「あそこにはウスケという、大麦ばかりを喰う化け物が棲んでいる」。そんな「怪物ウスケ」の物語が生まれる時代に国産第1号ウイスキーは誕生しました。

商品情報

メーカー / 販売元  サントリー酒類株式会社
度数  40度
原産国 / 産地  日本
容器
タイプ ブレンデットウイスキー
内容量 640ml
JAN 4901777042285

 

購入ページに移動します。Yahoo!ショッピング内、リカーショップ京町セソールにてご購入いただけます。