秋からますます旨くなるし ひやおろし2021 続々入荷!!

 

一度火入れならではのまろやかな味わい

一般的なお酒は保存性を高めるために、出荷までに二度の加熱殺菌をします。しかし加熱することで、香りが変化したり、熟成によって馴染んだ味わいが元に戻ってしまったりすることがあります。
日本名門酒会が提案する「ひやおろし」は、春先に一度だけ加熱殺菌をし、秋まで熟成させ、出荷する際は二度目の加熱殺菌をせずに出荷されるため、味わいの成分がよく融け合ったまろやかな味わいを楽しめます。を大切に、一切の火入れをせずに低温貯蔵させ本生でお届けするのが「夏の生酒」です。

季節の移ろいとともに深まる味わい

秋が深まると、旬の魚“さんま”“戻り鰹”“寒ブリ”など、脂がのってより濃厚な味になり、きのこや果実、野菜類の食材も豊富になります。それと同様に二度目の加熱殺菌をしない「ひやおろし」は瓶の中でもゆるやかに熟成していくため、季節の移り変わりに合わせてまろやかさが増し、旨味が凝縮されていきます。

各商品より、Yahoo!ショッピング内、リカーショップ京町セソールにてご購入いただけます。