21-22年冬 新酒しぼりたて続々入荷!!

 

の火入れをせずに低温貯蔵させ本生でお届けするのが「夏の生酒」です。

新酒生酒

伝統的な酒造りをする各地の蔵では、昔ながらに冬の寒いさなかにお酒を仕込む「寒造り」が行われています。凍えるような寒さの中、甑(こしき)がもうもうと湯気をあげ、ほのかに甘い麹の香りが漂い、ふつふつと発酵する酵母の息づかいさえ聞こえてくる蔵の内で、秋に穫れたばかりの新米で仕込まれた新酒が、次々にうぶ声をあげます。このできたて・搾りたてのお酒を、そのまま瓶詰めしたのが新酒生酒「しぼりたて」です。

しぼりたてのお酒のフレッシュ感をたいせつにするため、火入れをしない生酒のまま、瓶詰めします。冬本番から、春めいてくる頃まで楽しめる、寒い季節に旬の味わいです。

華やかな香りとみずみずしい味わいが魅力

「しぼりたて」の魅力は、なんといってもフレッシュさ。熟成された味わい豊かな秋のお酒「ひやおろし」や冬の「寒おろし」とは、まったく正反対の魅力を放ちます。

弾けるほど若々しく、荒々しくもある味わい。それでいて清々しく甘やかで華やかな香り。まるで口中に一足早く、春が訪れたかのような香味が魅力です。盃を口に運んだ瞬間、爽やかで甘やかな香りが広がり、口に含めばピチピチと跳ねるようなフレッシュさの中に、甘やかさと、辛さ、そして後味にほろ苦さを感じとれるはず。ほろ苦さが潜む軽快でみずみずしい味わいは、山菜やサヨリなど早春の食材との相性もぴったりです。

各商品より、Yahoo!ショッピング内、リカーショップ京町セソールにて、ご購入いただけます。